保険会社が提示する賠償額に納得できない場合の対応

保険会社が提示する賠償額に納得できない場合の対応

自動車事故におけるトラブルの一つが、事故の被害者となった場合の保険会社が提示する賠償額(過失割合や損害額)に納得ができないというものです。相手の保険会社が当然、支払うべき賠償額は小さくしようと交渉してきます。こうした場合どうしたらよいのでしょうか?


保険会社の提示金額は低いことが多い

自動車保険会社は、それぞれの会社が事故や怪我の程度に合わせた算定基準を設けており、それにそって保険金の支払いをしようとしています。

しかしながら、それに納得できないということも多いかと思います。
そうした場合は保険会社とバトルする必要が出てきます。最終的な手段としては「裁判」です。そもそも、保険会社が言う過失割合についても一方的な主張に過ぎず「過失割合というのはどうやって決まるのですか?」でも説明したとおり強制力があるのは裁判による「判決」です。

また、保険会社が定める保険金の基準は、実際の裁判における判例基準(判決によって示された賠償額)よりも低く設定されていることが多いのです。

こうした点から、保険会社の指定する賠償額に納得できない場合は「裁判も辞さず」という対応をとることが大切です。相手の示談書にサインをしてはいけません。

あなたの主張が見当はずれでもない限りは粛々と準備を進めることで相手も折れる可能性もあります。当然相手側も争う姿勢は見せるかと思いますが、納得できない倍は交通事故に詳しい弁護士に相談してみましょう。

意外と弁護士が入って賠償額の交渉を始めることで賠償額がアップするというケースも少なくないようです。

 

自動車保険見積比較サイト人気ランキング(当社調べ)

第1位:インズウェブの自動車保険

インズウェブでは、複数の保険会社等にまとめて見積もりを請求できるサービスを提供。
最短5分で、最大20社の損害保険会社の自動車保険を比較可能です。
今ならインズウェブの利用でともれなく500円分のマックカードがもらえます♪

>>インズウェブの詳細情報