同居の家族の中に11等級以上の人がいる / 自動車保険新規加入時のポイント

自動車保険への新規加入時に用意しておくべきもの

ここでは自動車保険へ加入する方法や用意するものをご紹介していきます。
初めて自動車保険に新規加入する人はもちろん、継続契約で他社へ乗り換える人にも知っておいて欲しい情報も掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。


自動車保険新規加入の前に用意するもの

自動車保険新規加入の際に必要なものは以下の通りです。

新規契約の場合
継続契約の場合
 ・車検証  ・車検証
 ・免許証  ・免許証
   ・保険証券

新規契約の場合、中断証明書があれば用意しておきましょう。
(※ただし中断証明書を使った契約はネット上ではできないことが多いので、その場合は各会社のコールセンターなどへ問い合わせが必要です)
また、リスク細分型の保険に加入する場合は車の走行距離が必要となりますので、事前にメモしておきましょう。

 

 

自動車保険新規加入までの流れ

以下では、これから始めて自動車保険に加入する方が実際に保険に加入するまでの流れを解説していきます。

 

1.加入方法を選ぶ

自動車保険の加入方法は大きく、代理店を仲介する方法と自分自身がインターネット上で契約を完結させる方法とにわけられます。それぞれにメリット・デメリットがあるので、ここでご紹介します。

 

代理店が仲介する契約のメリット・デメリット
メリット
デメリット
保険に関するアドバイスがもらえる
手続きを行う際わざわざ予定を組む必要がある
事故の際に仲介し適切な判断をしてくれる ネット契約よりも価格が高くなる

 

ネット契約のメリット・デメリット
メリット
デメリット
保険料がリーズナブル 事故の際、自分自身で対応しなければならない
ネットで完結するので自分の都合の良い時間に契約・手続きが可能 自分の生活・行動にあった特約などを見逃す可能性がある

上記のように、どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法で契約する必要があるといえるでしょう。ただ、カスタマイズが必要な生命保険とは異なり、自動車保険の場合は保険料が安くなるネット契約をお勧めしています。

 

 

2.自動車保険、どの会社が安いのかを比較する

最近では自動車保険のサービスも会社によって様々です。リスク細分化によって同じ条件であっても保険会社によって保険料が全然違うということも多いです。
そのような点に備えて、まずは「自動車保険会社の一括見積もりサービス」を使うことをお勧めしています。車種、年式、走行距離、あなたの年齢など簡単な情報を入力するだけで自動車保険各社の保険料を一括で見積もってもらえます。

もちろん利用料は無料です

ネット契約の場合は一度見積もりを出してもらうと見積り番号などによって記録が残るため、その番号を入力することで簡単に契約ができます。

 

 

3.保険に加入する。保険料を支払う

一括見積もりなどでどの保険会社い入るかを決めたら、あとは申込と保険料の支払いです。注意したいのは申込=保険成立ではなく、保険料の支払いから保険が開始されるという点です。
最近では、クレジットカードなどがあればすぐにWEB上で保険料の支払いができる会社が多いです。

自動車保険見積比較サイト人気ランキング(当社調べ)

第1位:インズウェブの自動車保険

インズウェブでは、複数の保険会社等にまとめて見積もりを請求できるサービスを提供。
最短5分で、最大20社の損害保険会社の自動車保険を比較可能です。
今ならインズウェブの利用でともれなく500円分のマックカードがもらえます♪

>>インズウェブの詳細情報