人身傷害保険のしくみや保険金額の設定アドバイス

人身傷害保険と搭乗者保険の違い

自動車事故における自分やその家族などを守るための保険が「人身傷害保険」と「搭乗者保険」です。重複する部分も多い保険なので混乱しやすいこの二つの保険。それぞれの特徴やメリット、デメリット、どちらに加入するべきなのか?といった疑問にお答えします。


人身傷害保険と搭乗者保険の簡易比較表

まずは、それぞれの保険について、目的、対象者、対象となる事故について比較していきます。

  人身傷害保険 搭乗者保険
目的

治療費・精神的損害・逸失利益(休業損害)などの実際に発生した費用、損害額を責任割合に関わらず補償する保険。
あくまでも「実際の損害額」が補償される保険です。「治療費」「休業損害」「慰謝料」「通院費用「」「介護費用」「逸失利益」「葬儀代」など幅広く補償されます。

死亡、後遺障害、怪我などについて、あらかじめ定められた金額が補償される保険です。
怪我の場合は実際にかかった金額ではなく、症状や通院日数で保険金が支払われます。
補償の程度などは選択できるものが多いです。

対象者 契約者およびその家族(同居の親族、別居の未婚の子ども)
また、契約車両同乗中の第3者
契約車両搭乗者
対象事故事故 自動車事故ならすべて。歩行中やバスなどに搭乗中でもおります。自動車事故なら全部。 契約車両搭乗中の事故のみ

こうやってみると、人身傷害保険の方が搭乗者保険よりも「補償」という面では幅が広いといえます。

 

人身傷害保険と搭乗者保険は両方加入できるのか?

できます。また、両方加入していることによる保険金の減額もありません。搭乗者保険は怪我等に応じた保険金が支払われ、人身傷害保険では被害程度に応じた実損分の保険金が支払われることになります。
補償をより充実させておきたいというのであれば、両方セットで付けることをおすすめします。

 

人身傷害保険と搭乗者保険はどちらを選ぶべきか?

保険料をできるだけ抑えたいというのであれば、搭乗者保険を優先して人身障害保険は付けないというのも一つです。保険料としては搭乗者保険よりも補償範囲が広い人身傷害保険の方が高額になるためです。

 

自動車保険見積比較サイト人気ランキング(当社調べ)

第1位:インズウェブの自動車保険

インズウェブでは、複数の保険会社等にまとめて見積もりを請求できるサービスを提供。
最短5分で、最大20社の損害保険会社の自動車保険を比較可能です。
今ならインズウェブの利用でともれなく500円分のマックカードがもらえます♪

>>インズウェブの詳細情報