自動車保険のネット(電話)加入と代理店加入のそれぞれのメリット、デメリットは何ですか?

ネット加入と代理店加入のそれぞれのメリット、デメリット

自動車保険はインターネットや電話で加入する「ダイレクト型・通販型」と代理店を経由して契約するタイプの従来型の保険があります。ここではそれぞれのメリットやデメリットをみていきましょう。


通販型自動車保険と代理店契約それぞれのメリットとデメリット

まず、通販型自動車保険の場合、代理店への手数料がないことやネット契約による合理化などで保険会社もコストを抑えることができます。
そのため、通販型自動車保険は保険料が割安となることが多いです。また、従来型の自動車保険でも「インターネット割引」のような割引を受けることができます。

そのため、コストだけをみれば代理店契約をするよりも優れています。一方で代理店を立てるメリットは何でしょうか?

代理店はあなたの立場に立ってくれる

代理店をいれるメリットとしては、あなたの立場に立って事故を起こした時、被害にあった時に対応してくれるということが挙げられます。もちろん、保険会社も貴方の味方ではありますが、通販型自動車保険の多くの事故対応は電話対応のみとなることが多いです。
事故を起こして(被害に遭って)心配な時期に、直接あって対応してくれる代理店の存在というものは有りがたいものでしょう。

代理店契約の場合は人柄も考慮しよう

代理店を通じて自動車保険を契約する場合には、やはり担当者(代理店)がどれほど親身に対応してくれるのか?どれほど知識を持ってこちらの味方になってくれるのか?といったその人の評価も大切になります。

自分で対応できるという人はコストの安いネット型(ダイレクト型)

その一方で、基本的に自分でできる。という方は通販型自動車保険の方がお得でしょう。

 

自動車保険見積比較サイト人気ランキング(当社調べ)

第1位:インズウェブの自動車保険

インズウェブでは、複数の保険会社等にまとめて見積もりを請求できるサービスを提供。
最短5分で、最大20社の損害保険会社の自動車保険を比較可能です。
今ならインズウェブの利用でともれなく500円分のマックカードがもらえます♪

>>インズウェブの詳細情報