事故を起こした時、保険を使わない方がお得なケース

事故を起こした時、保険を使わない方がお得なケース

交通事故を起こした時、自動車保険に加入しているのであれば保険を使うという選択肢がありますが、あえて「保険を使わない」という方法をとる方がお得なケースがあります。それは等級ダウンによる保険料があるからです。ここでは事故を起こした時に保険を使わない方が良いケースを説明していきます。


保険を使うと翌年の保険料が大幅にアップする

自動車保険は「等級(保険等級)」によって保険料の割引、割増を受けることになります。
これは長期間事故を起こしていない(保険を使っていない)人はより安い保険料を、逆に保険を良く使う人には割高な保険料を負担してもらうという仕組みです。

このため、事故の時保険を使うと、翌年以降の保険料がアップすることになります。

さらに、新等級制度がスタートして、事故を起こした時(保険を使った時)の保険料の上昇幅はさらに大きくなります。

たとえば、事故を起こしたことで、等級が3ダウン、さらに3年間の割増保険料で合計で10万円の保険料のアップが見込まれるような場合、事故による修理費などが10万円を切る状況であれば保険を使わずに自費で修理する方が実質的な負担は小さいということになります。

※保険料の上昇幅は当人の等級や保険内容などによって変わってきます。事故を起こしたら、とりあえず保険会社に連絡はしておきましょう。結果的に保険を使わないという選択をすれば保険等級が上がることはありません。
軽微な事故だったから保険はいいかなーなんて思っていて後から高額の支払いが必要になるようなケースもあります。事故った時は必ず保険会社に一方を入れておくようにしてください。

 

自動車保険見積比較サイト人気ランキング(当社調べ)

第1位:インズウェブの自動車保険

インズウェブでは、複数の保険会社等にまとめて見積もりを請求できるサービスを提供。
最短5分で、最大20社の損害保険会社の自動車保険を比較可能です。
今ならインズウェブの利用でともれなく500円分のマックカードがもらえます♪

>>インズウェブの詳細情報